待遇が下がるなら今の会社での立場を維持しよう

仕事をしていて意欲をなくす場合、ほとんどが人間関係です。多くの場合は、こういうこともあると気力を立てなおそうとするのですが、どうにもならなくなることもあります。そうなったら転職するしかないでしょう。

 

そういうとき、多くの場合はまず、その職場にこれ以上長くいたくないという気持ちでいっぱいでしょうから、仕事を辞めて、それから仕事を探すという手順になっていくでしょう。しかしそれはうまくありません。

 

今の時代、仕事を辞めても同じ条件で雇ってもらえる可能性は低く、しかも給料ダウンということだけではなく雇用条件が正社員から契約社員に落とされることもしばしばです。ただ仕事を辞めてしまってからでは、失業保険が出ているうちに新しい職場を見つけなければならないという焦りがありますから、不満があっても時間が迫ってくるとそこに決めてしまうでしょう。

 

もし待遇が下がってしまうなら、今の会社での立場と待遇を維持したほうがマシです。

 

これを避けるには、仕事を辞めずに転職先を探す、という方針が大切です。

 

とはいっても仕事を辞めたくて仕方がない、という人もいるでしょう。しかし、意外と仕事を辞めると決めてしまうと、一年、二年くらいはどうにかなるものです。二年仕事を続けて、さらに失業保険の期間も考えるとかなり時間に余裕ができます。すぐ見つかればOKですし、なかなか見つからなかったとしてもチャンスが広がるでしょう。

 

ただし健康上の問題が発生している場合は急いで辞めたほうがいい場合もあります。職場に問題があるなら、仕事を辞めて責任の追求してもいいでしょう。

 

特に管理職になりたてでその責任の重さや、残業しても給料が増えない事に苛立ちを覚える方は多いと思います。管理職を辞めたいがために転職して気ままなビジネスライフをと考える方は一度待ってみてください。管理職から転職して、ランクを落として失敗する人もいます。

 

仕事を辞めたい管理職、どう折り合いをつけるかをご覧ください。