本当に自分がやりたいこと、キャリアの棚卸しで発見

学生時代に必死に就活して、入社できた会社。

 

憧れだったはずの会社なのですが、配属されて自分の思いとは違っていた社風で、自分には合わないという人が少なくありません。

 

「今の会社にやり甲斐をかんじなくなった。」、そう思いながら、働くことは、とても苦痛なはずです。

 

もし、可能ならば、転職を考えてみることもいいのかもしれません。

 

一方で"石の上にも3年"という言葉があります。

 

同じ環境で3年程頑張って、本当に自分の能力が活かせないのか、経験を積んで先輩や上司を超えてみせる。

 

踏ん張れば、そんな新境地を見い出せるのかもしれません。

 

しかし、どうしても頑張っても、そのようなことにはなりえないと思えるのなら、やはり転職を考えて見ましょう。

 

その時には、就活していた頃の原点に立ち返って、自分が本当にやりたいことが何だったのかをキチンと整理して理解しておくことが大事です。、その上で、自己の能力を発揮できそうな会社を探しましょう。

 

一度、社会人としての経験を積んでいるのですから、企業とはどんなき所なのかを身を持って、知っているはずです。キャリアの棚卸しをして見えてくることもあります。

 

インターネットから見て取れる表側の会社情報だけを鵜呑みにするのではなく、実際に企業の人事・面接官と話をして、どんな会社なのかを判断することも必要です。

 

再就職を早期に実現させるために、内定を取り付けることに焦りは禁物です。

 

じっくりと会社の真の姿を感じ取ってから、本当に、自分に合うと思った会社だけを受けて、新しい活路を見出してください。